過去の展覧会

生誕140年記念企画展Ⅰ「川喜田半泥子と茶の湯の焼きもの」

 川喜田半泥子(1878〜1963)は、当館の創設者であり、陶芸家としても知られています。本年は半泥子の生誕140年にあたります。

 川喜田家は江戸時代初期より木綿問屋を営んでいた伊勢屈指の豪商でした。半泥子は幼いころから先祖伝来の茶道具に親しみ、自らも茶の湯を嗜みました。半泥子の作陶の原点は茶の湯にあります。

 本展では、半泥子が愛用した川喜田家伝来および半泥子が入手した茶道具と、半泥子自身が生み出した茶陶を通観し、「半泥子好み」の焼きものと芸術観を紹介します。

主な展示作品

古伊賀水指 銘「鬼の首」
桃山時代(三重県指定文化財)

井戸茶碗 銘「紅葉山」
朝鮮王朝時代

色絵寿老人香合 射和萬古
江戸時代

井戸手茶碗 銘「雨後夕陽」
千歳山窯 昭和16年頃
川喜田半泥子作

御所丸風茶碗
千歳山窯 昭和13年
川喜田半泥子作

志野茶碗 銘「不動」
千歳山窯 昭和10年代
川喜田半泥子作

粉引茶碗 銘「たつた川」
廣永窯 昭和20年代
川喜田半泥子作

伊賀水指 銘「慾袋」
千歳山窯 昭和15年
川喜田半泥子作

井戸手振出
千歳山窯 昭和10年代
川喜田半泥子作

色絵香合 銘「番町の家」
千歳山窯 昭和10年代
川喜田半泥子作

※すべて館蔵

PDF

展示目録は
こちらから
(PDF 426KB)

関連行事

ギャラリートーク

担当学芸員が展覧会をご案内します。

■日時:平成30年5月2日(水)、6月1日(金)、7月7日(土)

    各日14時より30分程度

※申し込みは不要。当日14時までに石水博物館受付前へお越しください。

※参加費は無料ですが、当日の入館料が必要です。

  • 標準
  • 拡大
ページのトップへ戻る

公益財団法人 石水博物館

〒514-0821 三重県津市垂水3032番地18

Copyright © 2011 Sekisui Museum All Rights Reserved.