過去の展覧会

石水所蔵名品展 千歳文庫の美人たち

 当館の創設者川喜田半泥子(1878~1963)は、壮年期から晩年を津市の南郊千歳山と西郊廣永の自然に囲まれて過ごしました。百五銀行頭取ほか数々の企業の要職を務め多忙な生活を送る一方、茶の湯に親しみ、俳句を詠み、作陶に勤しむ日常の中でも年中行事を重んじ、四季の移ろいに心を寄せました。半泥子が生み出した工芸作品や書画には、日々の暮らしの何気ない出来事に、幸せや喜び、楽しみなどを見出していることがあらわれています。本展では半泥子の心豊かな日常を、作品を通してご紹介します。

主な展示作品

廣永絵巻(部分)

露芝模様茶臼の盒

千歳山荘初窯火入図屏風
二代真清水蔵六筆

桃図

千歳山と半泥子図

竹茶杓 銘 乾山

竹一重切花入 銘 瀧つせ

織部黒茶碗 銘 暗香

白掛茶碗 銘 天の川

赤絵茶碗 銘 小倉山 個人蔵

割高台茶碗 銘 浮寝鳥

男之助羽子板図

※作者名のないものは全て半泥子作
※所蔵記載のないものは全て館蔵

PDF

展示目録は
こちらから
(706KB)

関連行事

ギャラリートーク

担当学芸員が展覧会をご案内します。

■日時:8月13日(木)、9月6日(日)、10月3日(土)

    各日14時より30分程度

※申し込みは不要。当日14時までに石水博物館受付前へお越しください。

※参加費は無料ですが、当日の入館料が必要です。

※新型コロナウイルス感染症の状況により中止する場合がございます。

第2展示室

「川喜田半泥子の暮らしと歳時記」展を第1展示室と同時開催

  • 標準
  • 拡大
ページのトップへ戻る

公益財団法人 石水博物館

〒514-0821 三重県津市垂水3032番地18

Copyright © 2011 Sekisui Museum All Rights Reserved.