過去の展覧会

林原美術館所蔵名品展

 岡山城天守閣の西側、旧二の丸屋敷対面所跡に位置する林原美術館は、日本をはじめとする東アジア地域の絵画や工芸品と、旧岡山藩主池田家から引き継いだ大名調度品を中心とする珠玉のコレクションを所蔵しています。

 林原美術館は、岡山財界の雄、林原一郎氏(1908〜1961)の確かな鑑識眼により蒐集された美術品を基に、同氏の遺志をついだ遺族や知人たちの尽力によって、昭和39年に開館しました。

 所蔵品は、林原一郎氏の個人蒐集品と、池田家旧蔵品からなり、刀剣・武具・甲冑・絵画・書跡・能面・能装束・彫漆・螺鈿・蒔絵・陶磁・金工など多岐にわたり、その水準の高さは広く知られています。

 本展では、江戸時代に佐賀藩で焼成された鍋島焼の名品と、池田家旧蔵の能装束のコレクションから、選りすぐりの逸品を展示いたします。大名家が育くんだ煌びやかな文化をお楽しみください。

主な展示作品

段に霞松竹梅文唐織(前期展示)

段に霞松竹梅文唐織

(前期展示)

稲束に鳴子文縫箔(後期展示)

稲束に鳴子文縫箔

(後期展示)

色絵房文七寸皿

色絵房文七寸皿

色絵鶺鴒文五寸皿

色絵鶺鴒文五寸皿

 本展は林原美術館と石水博物館の所蔵品交換展です。

 林原美術館では4月26日(金)〜6月23日(日)の会期で「金重陶陽が慕った川喜田半泥子と茶の湯の世界—石水博物館名品展—」が開催されます。

※詳細は林原美術館までお問い合わせください。

 ☎086-223-1733 岡山市北区丸の内2-7-15

PDF

展示目録は

こちらから
(PDF 80KB)

記念講演会

林原美術館コレクションについて

—能楽関係資料を中心に—

■講 師:浅利尚民氏(財団法人林原美術館主任学芸員)

■日 時:2013年6月8日(土)14時〜15時30分

■場 所:石水博物館多目的室

■定 員:当日先着順40名様(駐車場が手狭なため公共交通機関でご来館ください)

■参加費:聴講無料(ただし、別途入館料が必要です)

第2展示室

所蔵品展 川喜田半泥子の作品と季節の館蔵品

2013年5月24日(金)〜7月28日(日)

  • 標準
  • 拡大
ページのトップへ戻る

公益財団法人 石水博物館

〒514-0821 三重県津市垂水3032番地18

Copyright © 2011 Sekisui Museum All Rights Reserved.