過去の展覧会

没後50年プレ企画展「川喜田半泥子と俳句」—俳句雑誌『かいつむり』の仲間たち—

 本年は当館の創設者川喜田半泥子(1878〜1963)の没後50年にあたります。百五銀行頭取ほか企業の要職を務める一方、近代陶芸界に大きな足跡をのこした半泥子は、陶芸を本格的に始める前から書画や俳句に親しんでいました。俳句は桑名の梶島一藻(1883〜1947)に師事し、俳句雑誌『かいつむり』の同人となって多くの俳句や句画賛をのこしています。

 本展では半泥子の俳句に関する活動を、作品や資料で辿ります。俳句短冊や句画賛のみならず、一藻の厳しい添削のあとが見られる書簡や、同人誌の仲間たちと共に描いた楽しい寄書、大阪の松瀬青々(1869〜1937)夫妻や桑名の俳友を招いて開いた「千歳山荘句会」の様子などを紹介いたします。

主な展示作品

俳句雑誌『かいつむり』館蔵

俳句雑誌『かいつむり』館蔵

猪図 半泥子筆 桑名市博物館蔵

猪図 半泥子筆 桑名市博物館蔵

句入茶碗 銘「月の顔」半泥子作 個人蔵

句入茶碗 銘「月の顔」

半泥子作 個人蔵

PDF

展示目録は

こちらから
(PDF 116KB)

  • 標準
  • 拡大
ページのトップへ戻る

公益財団法人 石水博物館

〒514-0821 三重県津市垂水3032番地18

Copyright © 2011 Sekisui Museum All Rights Reserved.